メッセージ、感想、言葉の処方箋

至る所でがんの話題が絶えません。この作品を通じて病に苦しみ、悩む全ての人々に生きる勇気と希望を感じてもらえればこの上なく幸せです。プロデューサー田寺順史郎

がんは今やすぐに死ぬ病ではありません。死ぬまでがんとどう付き合っていくかが試されている時代です。怖がることはないのです。監督 野澤和之

本作は、がんを患っている方やその家族の方々の、希望となる映画であることはもちろんですが、
本作に散りばめられている「言葉の処方箋」は、すべての方の人生に効く処方箋だと思います。
上映後のお話を聴き、またお話することで、より一層、言葉が心に刻まれることと思います。

これからどう生きていきたいか?そして、どう寄り添っていきたいか?
共に考えていきましょう。

CINEMA Chupki TABATA(シネマ・チュプキ・タバタ)のサイトから転載させていただきました。