言葉の処方箋

副作用ゼロ!おまけにお金もかからないのが言葉の処方箋。

悩む人々に力を与え、時には人生を変えてくれる。

映画の中で、様々な言葉の処方箋が観る人を癒やしてくれる。中身は映画を観てください!

ここでは、野澤監督ががん治療した時に、力をもらったという言葉の処方箋を紹介する。

 

がんと診断された時

・・・・目下の急務は忍耐あるのみ。人生を見直すいい機会です。・・・

 

入院治療中の時

・・・全力を尽くして心の中でそっと心配する。・・・

 

・・・人生にはもしかすると、このときのためと思えることがある。・・・

 

退院して仕事をはじめる時

・・・病気になってはじめて人生の優先順位に気づく・・・

 

映画完成に向けて活動している時

・・・やっぱり最後は人間同士のふれあいが必要・・・

 

・・・よい言葉は、あなたのこころの隙間に光りを差す・・・

 

             私が受けた言葉の処方箋、拝読有り難うございました。野澤和之